2010年07月18日

三国志 小説とゲーム

少し前から三国志(北方謙三著)を読んでいるのですが、これを読むのは3回目です。

大まかなストーリーは頭に入ってるのですが、細かい部分の描写であったり武将の言葉などにはっとすることがあり、三国志は何回読んでも楽しめます。

そして、この小説を読んでいるとゲームの三国志Xがやりたくなり(最新版はXIだったと思うが僕はXしか持ってない)こちらも2回目を始めてしまいました。

このゲームは三国志を舞台にやりたいことをやれるゲームです。
・ただひたすら武将を集めたい
・ただひたすら町を豊かにしたい
・ただひたすら戦闘を行いたい
・単純にクリアしたい
などなど

逆に言えば、どれも一生懸命やる必要はなく、クリアだけを考えたら手持ちの武将にどんどん戦闘させて領地を広げていけば、特に大きな難関もなくクリアできると思います。あ、いつも初級コースでやってるので、簡単なのかも。。

僕の場合は能力の高い武将を集めて、地図を見てどのように攻略するか戦略を考えてる時間が多いです。時間があればずっとやってても楽しいゲームです。

ちなみに三国志はいろんな人がいろいろと解釈しているようで、今平行して読んでやっている小説とゲームとで、若干話が違っていたり、武将の印象も違ったりしています。

ゲームの方には650人もの武将が登場するらしいので、三国志をあまり知らない人がこのゲームをやるときにはハンドブックがとても役に立ちます。

僕の場合は高校の時にゲームから入り、ゲーム→漫画→小説(北方謙三)の順で三国志を知ったのですが、ハンドブックや漫画は三国志を知る上でとても役に立つと思います。

とりあえず、小説を読むとゲームがやりたくなり、ゲームをやると小説を読みたくなるのですが、同時に進めるのは初めてです。

それにしても、今はゲームの方はめちゃくちゃやすくなってるな。。僕が買ったときは12,390円もしていたのに。。

三國志X(新) (説明扉付厚型スリムパッケージ版)

三國志X コンプリートガイド 上

三國志X コンプリートガイド 下

文庫版 三国志完結セット 全13巻+読本


Posted by kom | TrackBack (0)
最近のエントリー
アーカイブ
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
2015年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
江ノ島の猫
江ノ島の猫
江ノ島に住んでる猫。
まるで作り物のように人がよっても微動だにしない。
撮影:2008/12/27