2011年04月27日

Photoshop CS3 を使用していると重くなる。。

一月前ぐらいからPhotoshop CS3を使用していると、Photoshopの動作・反応が重くなると言う症状が現れました。
これはファイルサイズや他のソフトの使用状況、Photoshopを起動してからの時間などは関係してなさそうで、『グラデーションでカラーピッカーを開き色の選択をマウスでぐるぐるして閉じて、またカラーピッカーを開き色の選択を行う』と言うことを何度かしていると急に重くなります。早いときは2回カラーピッカーを開いた時点で重くなります。

カラーピッカーでぐりぐりする
カラーピッカーでぐりぐりして、キャンセルしてまたカラーピッカーを開いてぐりぐりするのを2~3度繰り返せばPhotoshopの動作が全体的に遅くなり、レイヤーのリネームにすらラグが出るようになります。


・今までは何ら問題が無かった
・他のソフトの動作には変化がないと思われる

以上の2点からPhotoshopがおかしくなったと思われるため、以下のことをやってみました。

(1)Photoshopの環境設定でメモリの割り当てやキャッシュ設定等の変更
→色々試したけど治らず
(2)Photoshopの設定ファイルの初期化
→治らず
(3)Photoshopの修復
→治らず
(4)Photoshopをアンインストールしてからインストール
→治らず

ここまでやってみて、Photoshopの問題では無く、ハードやWindows側の問題を検討してみました。

・SSDの不調を検討
→どうやら若干書き込みが遅くなってるようだが、問題はなさそう
・RAM Diskの不調を検討
→RAM Diskを外してみたが、治らず
・プリンター設定
→特にネットワークプリンタなど利用してないし問題なさそう
・レジストリ
→ネットで探しうることをやってみたが変化なし
・ウィルス・スパイウェア
→普段アンチウィルスソフトを使用している上に、スパイウェアソフトを使用してみたが、問題は発見されず
・最近インストールしたアプリ
この症状が現れる前にインストールしたソフトはいくつかあるので、思い当たる物を削除してみたものの治らず。
ただし、怪しくないアプリはアンインストールしてないので、ここら辺に問題があるのかも。。
また、最近プリンターを買い換えたので、それが問題なのかな?

とりあえずここまでやってみて、OSの修復インストールしかないと思ってWindows XPのディスクを立ち上げてみたところ、ディスクのバージョンが現在の物より古いから修復できないような事が表示されました。。

要は今はSP3にバージョンアップされてるけど、ディスクはSP2だからだめなのだろう。。


さすがに途方に暮れた時に、行き着いたのがログオンユーザーを別につくるという案。
早速やってみました。

結論から言うと、別のユーザーアカウントをつくってそちらで起動して、Photoshopを立ち上げ、『グラデ→カラーピッカー→ぐりぐり』を何度やってみても、重くなりませんでした!

と言うことで、Photoshopを使った作業をする場合は、新しくつくったアカウントを使用することにしました。

とりあえずPhotoshopでイライラすることは無くなったけど、新アカウントで立ち上げると、全てのソフトの設定が初期状態になっているので、設定のやり直しが一苦労です。

ちなみに
C:\Documents and Settings\XXXXX\Application Data\Adobe\Adobe Photoshop CS3\Adobe Photoshop CS3 Settings
(『XXXXXはユーザー名』)
のデータを新しいユーザーのファイルに上書きすると今までの設定がほぼ(?)そのまま使えるので、Photoshopの設定は楽にできました。

根本的な問題の解決に至っていないのがなんだか気持ちが悪い。。


Posted by kom | TrackBack (0)
最近のエントリー
アーカイブ
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
2018年03月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
江ノ島の猫
江ノ島の猫
江ノ島に住んでる猫。
まるで作り物のように人がよっても微動だにしない。
撮影:2008/12/27